2010年07月21日

枝野と極左暴力テロ集団のつながり

 民主党枝野幹事長と極左暴力テロ集団のつながりがハッキリしましたね。

 枝野本人も認めてるので間違いないですね。


「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる
配信元:産経新聞
2010/07/17 18:00更新
 民主党の枝野幸男幹事長が平成8年の衆院選に立候補した際、警察当局が左翼過激派の革マル派幹部と判断している人物との間で、「推薦に関する覚書」を交わしていたと、17日発売の月刊誌「新潮45」が報じた。枝野氏が覚書を交わしたのは、JR東労組大宮支部の執行委員長で、警視庁公安部が革マル派のJR内秘密組織の幹部と判断している人物としている。枝野氏は覚書で「私はJR総連及びJR東労組の掲げる綱領(活動方針)を理解し、連帯して活動します」などとしている。


 これはなんと吃驚!

 しませんね(笑)
 民主党だからな。もともとそういう団体の代弁者でしょ?民主党って。

 で、枝野の反応がこんな感じ。

「一般的な対応だ」枝野氏 「革マル派幹部と覚書」報道に
配信元:産経新聞
枝野氏は20日の記者会見で覚書の存在を否定せず、「一般的な政策協定を結ぶ一定のひな型の通りだ」と述べ、問題がないとの考えを示した。

 枝野氏は「連合の各産別とお付き合いする範囲でお付き合いしているが、それ以上でも以下でもない」と述べた。

 
 いやいやいや、一般的じゃねー(笑)

 ちなみに「革マルとは何ぞや」ってのをウィキペディアから引用します。

日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(にほんかくめいてききょうさんしゅぎしゃどうめいかくめいてきマルクスしゅぎは)とは、日本の政治団体・新左翼党派(革共同系)である。通称革マル派。

過去に傷害事件や殺人事件を繰り返し引き起こしてきたテロ集団。警察や公安調査庁は白書などの公式文書の中で「極左暴力集団」と呼称し、公式に監視の対象としている。全国のいくつかの大学の自治会等を牛耳り、新たな組織構成員の獲得(オルグ)をおこなっている(後述参照)。構成員の多くは組織に属している事実を隠している。


 この件について枝野は、はっきりした説明は出来ないだろうねぇ。
 革マルを肯定するような発言をすれば、国民から総叩きに合う。かといって革マルを否定したら、貴重な支援団体を失ってしまう。
 それとも、既に民主党は革マル派にオルグされちゃったかな(笑)

 まぁ、あれだ。しっかり説明責任を果たし、宿敵小沢とは違うところを見せてくれよ(笑)
posted by ソフィスト at 07:59| Comment(3) | TrackBack(1) | 枝野幸男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。