2010年06月06日

欧米メディアの鳩山評

 欧米主要紙が論評 「恥をさらさないような指導者を」なる記事をイザにて発見。

 かいつまんで引用していきます。

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、約5年にわたった中曽根康弘、小泉純一郎の両氏を除けば、「日本の首相は忘れ去られやすく、実際に日本以外では瞬時に忘れ去られる」と、何度も繰り返される日本の短命政権の現状を憂慮。日本は「恥をさらさないような政治指導者を必要としている」と指摘した。

 「日本以外では瞬時に忘れ去られる」だとぉ。
 舐めんなよ!日本人だって覚えてねぇYo!
 
 民主党に対しては、「一般受けは良いが、無責任な公約で権力の座にたどり着いた」と分析。日本は「最も重要なアジアでの同盟国」であり、後任の首相に「米国はより多くの成功を期待すべきである」と、つまずきがちだった日米関係の修復に期待を示した。

 太字部分の指摘は、全く持ってそのとおり。
 でも、こんなのが結構有効なのが困りもの。一定のころっと騙される層がいるからなぁ。
 現に毎日新聞の世論調査では、菅首相に期待するのが63% 小沢辞任を評価するのが81%にものぼる(笑)
 この左掛かった政権にまともな経済政策を打てるんですかねぇ?

 英紙フィナンシャル・タイムズは、鳩山首相の辞任について「指導体制の弱さを解消することになる」と評価。

 鳩山首相に関しては「おろおろしていて、独り言をつぶやいていた」と酷評。鳩山首相と小沢一郎・民主党幹事長の辞任について、「参院選を前に“闇将軍”と呼ばれる強力な選挙参謀の小沢氏を失う民主党、さらに日本にとっても、2人の辞任は災難のように見えるが、もう一つの可能性もある」と指摘した。

 そして、郵政改革法案が今後、棚上げされる可能性にも触れ、「民主党は正しい指導者の下でおそらく再起動できると予想。」

 英フィナンシャル・タイムズは、郵政改革法案を悪法と見ているんだな。

 ここまでは、まともな批評。他に言い掛かりに近い記事を発見。

鳩山氏はシャツで没落 米紙コラムニスト酷評

 過去に鳩山由紀夫首相を現実から遊離した「ルーピー(loopy)」な人と皮肉った米紙ワシントン・ポストのコラムニストのアル・カメン氏は4日、同紙電子版で鳩山氏が4月に着ていた赤や青、黄色のチェック柄のシャツを「米軍普天間飛行場移設問題に加えて、(鳩山氏の)没落の直接的な原因となった」と重ねて揶揄(やゆ)した。

 奇抜なチェック模様のシャツに黒色のタートルネック姿を1980年代のファッションだとして「誰も止められなかったのか」と疑問視。「米国だったらこんな物を着ただけで弾劾の理由になる」と酷評し、米国の評論家が「考えや哲学が古い。首相がこんな様子では危機にひんしている日本を救えない」と指摘したと紹介した。(共同)

 鳩山嫌いだけど、これはさすがに言い掛かり。
 黄色のチェック柄のシャツが没落の直接的な原因って...

 ねえよ(笑)
 変な私服くらい笑って終わりだろ。
 それにしてもカメンの奴は、よっぽどルーピーの事が嫌いなんだな(笑)
 
 カメンよ、そのままの君でいて。
posted by ソフィスト at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳩山由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。