2010年06月12日

亀井プギャー

 亀井の押し進めようとしている郵政改革法案って、民主主義の原則に反してませんかね?

 小泉が衆院を解散した郵政選挙って、郵政民営化に賛成か反対かを問う、シングルイシュー選挙だったわけじゃないですか。

 そこで自民党が大勝したわけですから、民営化の良し悪しにかかわらず、民営化するのが正しい。民主主義国家の大原則ですね。

 落ち目の自民党以下の支持率しかない国民新党に、それをひっくり返す大義は無い。例え亀井の進める改革法案が素晴しかったとしてもです。

 金融界は亀井退陣を歓迎しているようですね。

 官業色の強い日本郵政が肥大化することに猛反発してきた金融業界は「法案自体を見直す時間ができる。良い方向に動き出した」(大手生保幹部)と内容が変わることに期待した。

 一方、日本郵政グループ労働組合(JP労組)の幹部は「ここ数年間、組織体制を含めて政治に何度も振り回されてきた。今回も宙ぶらりんの状態になった」などと不満を口にした。

 臨時国会に先送りされる法案は、参院選での結果を踏まえて議論されることになるが、東海大の新保恵志教授は「農村部などで金融サービスが低下しているのであれば、移動車などで金融サービスを行うなど現状の制度で、アイデアを使って改善していくこともできる」と語り、現行法案を安易に踏襲すべきではないと指摘している。

 また、東洋大の松原聡教授は、国民に法案を理解してもらえるよう現在の体制を十分に検証した上で、見直しが必要かどうかを判断すべきだと主張。「最低でも参院選後、議論に半年間はかけるべきで、臨時国会ではなく、次期通常国会に提出すればよい」と語り、十分な検討期間を設けるよう求めている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/policy/402037/

 菅が総理大臣じゃ、亀井の居場所も無さそうだしな(笑)
posted by ソフィスト at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀井静香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152952663

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。