2010年06月19日

国民の誰も望んでいない法案

 滅茶苦茶男の亀井静香が、まさか最後の砦になるとは...

官房長官、夫婦別姓と外国人参政権に前向き
配信元:産経新聞
2010/06/17 17:57更新
 仙谷由人官房長官は17日の記者会見で、選択的夫婦別姓制度を導入するための民法改正と、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「民主党としてはなるべく早く実現させたいという立場だ。菅内閣も基本的にはそういう考え方だ」と述べ、早期成立を目指す考えを示した。

 ただ、仙谷氏は「改めて政策調査会と所管のところで、国民新党との調整を含めて探りつつやっていく」とも指摘し、両法案に反対している国民新党側への一定の配慮も示した。

 配慮すべきは国民新党じゃなく、日本国民だろ!!馬鹿!
posted by ソフィスト at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人参政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。