2010年06月21日

赤っ恥!菅直人がまた経済オンチを晒す

 菅直人が経済音痴なのは周知の事実です。そんなバ菅首相がアホな演説をやらかしてしまったようです。
 こちらの記事をご覧ください。

菅首相、日産ゴーン社長のリストラと首切りを名指しで批判
2010年06月21日13時06分 / 提供:レスポンス

菅直人首相は、さいたま市内での街頭演説で、日産自動車のカルロス・ゴーン社長を名指して「何故給料が高いのか。首切りがうまかったからだ」と述べ、ゴーン社長が優秀な経営者として称賛され、高給をとっていることを批判した。

菅首相は「すべての会社で首切りした社長が偉いなら日本中に失業者があふれてしまう。国民全体を考えたら、リストラする経営者ほど立派というのは大間違いだ」と述べた。

菅首相は、消費税を引き上げる一方、社会福祉などを充実して雇用機会を増やす成長戦略を描いており、高給をもらいながらリストラ経営者の代表格と見られるゴーン社長を批判した。

日産のゴーン社長は、「コストカッター」の異名を持ち、早期希望退職や工場閉鎖を断行してきたが、日産で指名解雇などの首切りはしていない。ただ、かなりの報酬を得ていると見られている。日産は6月23日に定時株主総会を開催、その際、役員報酬を公表するか注目される。

 この男は一体何を言っているのでしょうか(笑)
 一国の首相が一企業の経営者を名指しで批判(笑)
 菅内閣の大臣の事務所費問題では、「法に則って適正に処理」されていれば、自宅や知人宅を事務所と申請して良いわけでしょ。

 例え事務所の実態がなくても(笑)

 ならば、法に触れていないゴーン社長が、菅に何か言われる筋合いは無いわな(笑)

 ゴーンにこれだけの事を言うわけですから、菅吉は当然、月給20万円くらいで総理大臣をやってくれるわけですよね。それを超える分は国庫に返却して下さい(笑)
 そこまでやらなければ、菅吉の奴がゴーンに何か言うなんておこがましい事ですよ。

 菅吉の以前からの主張は、リストラをせず内部保留を人件費に充てろって事でしたよね。これをやっていたら日本の製造業は今、殆んど残っていないでしょうな。
 
 これが日本の総理大臣か...
posted by ソフィスト at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅直人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153989698

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。