2010年06月19日

厚顔無恥!蓮舫掌返し

 はやぶさの偉業に村田蓮舫も思わず絶賛!

蓮舫行刷相 はやぶさ帰還を絶賛 「仕分け結果、何が何でもではない」
配信元:
2010/06/15 12:34更新
 蓮舫行政刷新担当相は15日午前の記者会見で、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還を「偉業は国民全員が誇るべきものだ。世界に向かって大きな発信をした」と高く評価した。

 また、昨年11月の事業仕分けで、後継機開発など衛星関連予算を削減と判定した仕分け結果について「宇宙開発は私は直接担当しておらず、今一度流れを確認している」と釈明。「仕分け結果を何が何でも守るべきだということではない。国民のさまざまな声やご判断は次期予算編成に当然反映されるべきだ」と語った。

 はぁ???

 ちなみにR4の過去発言はこんな感じです。

583 カラフトシシャモ(東京都) 2010/06/15(火) 23:02:22.08 ID:ukHJVHXN
蓮舫・はやぶさを意味のないプロジェクト、無能研究員だと批判
ttp://net-news-jp.jugem.jp/?eid=839

蓮舫「で、それが国民の生活にどのような役に立つのですか?具体的にお答え下さい。」
「イオンエンジンの実用化に向けた検証として・・」
蓮舫「具体的にお答え下さい。」
「不況にあえぐ国民に希望を・・」
「蓮舫仕分け対象と致します(キリ)」

蓮舫
・イオンエンジンはすでにNASAやESAの探査機で実用化されており、何も目新しい技術ではありません。
・惑星軌道からのサンプル採取も NASAのジェネシスとスターダストですでに成功しています。
・第一、はやぶさはミネルバ投下やサンプル採取に失敗している上、その原因はいずれも
 プログラミングのミスというお粗末なものです。
・こんな意義の少ないプロジェクトに150億円も投資し、能力の無いJAXA職員に高給を払
 い続ける意味は本当にあるのでしょうか? 具体的にお答え下さい。


 酷すぎる...

 ここで潔く「事業仕分けに間違いがありました」と言えば、支持率も上がるのにねぇ。所詮そこまでの人間でしたね。
ラベル:蓮舫
posted by ソフィスト at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 蓮舫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

蓮舫は嫌われる天才

 ハスブネ!このやろー!

 赤い彗星シャア・蓮舫が嫌な奴っていう話題を2つ。


与謝野氏 
「(新内閣の顔ぶれを見て)蓮舫さん以外は、いい顔ぶれだと思いますよ

「蓮舫さんという人は本当に信用できない人だと思ってますよ」

「この人のやっぱり言動というのは一貫性もないし、人気とは別にこういう人が日本の政治、
やっていいのかなっていう気しますよ。あの、考え方を言ってるんですよ」

「やっぱりこれは、目立ちたい為にいろんな発言をするとか、そういうことが多くて、
蓮舫さんを評価する人の気が知れないですよ」

「蓮舫さんが猪口邦子さん相手に質問をされたことがあるんですよ。実に女の嫉妬心が出ている、
いやらしい質問であったと同時に大変失礼な」

具体的にですね結局、問題は『あんたなんか少子化担当大臣なんかやったって何もできないでしょ』
っていうトーンで、質問しているわけですよ。で、あなたは、障害児の話になったわけですよ。
『あなたは障害児を育てている親の気持ちなんて、まったくわからないような人ですから』って
言いやがった。
これはとんでもない話なんですよ。猪口さんはじっと耐えて、答弁していましたよ。
だけど、その時に蓮舫さんの人間性と言うのを知ったんですよ。これはね、やっぱり言っちゃ
いけないことなんですよ」

▽BSフジLIVE PRIME NEWS (問題の部分はカットされてる模様です)
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d100607_0
▽蓮舫議員の実態…Dailymotion(問題の部分)
http://www.dailymotion.com/video/xdlui3_yyyyyyy_news#from=embed?start=1

 猪口さんの子供は障害を持っているそうですね。
 それはそうと、蓮舫以外もいい顔ぶれではない。

 もう一つは、過去の共演者から。

蓮舫氏入閣、亀和田武氏は不支持「すきまタレント」
2010年06月09日08時06分 / 提供:スポーツ報知

 亀和田氏が蓮舫氏とTBSのワイドショーに出演していたのは92〜93年。当時の蓮舫氏は「このポジションを絶対手放さない!という感じ。一言文句を言われると、百言言い返していた」と言う。プロデューサーから注意されても突っぱね続け「泣きながら部屋を出て行くのを見た」。周囲も手を焼き「楽屋は大変だった。事業仕分けなんかかわいい方」と振り返る。

 衝撃は92年秋、亀和田氏がそれまでの週1回のゲスト出演から、レギュラー司会陣に加わったときだ。にこやかだった蓮舫氏が「豹変(ひょうへん)した。激しく敵対意識を持って向かってきた。自分が作ってきた番組だったので、おもしろくなかったのでは」。さらに「(トークを)オレに振らないんだよ! しゃべりにくい事件だけ振ってくる。オレは大人の対応をしたけどね」という。

 ギスギスしていたある日、蓮舫氏が急に愛想良くなった。後に、亀和田氏と親交のあるジャーナリストが蓮舫氏に「カメちゃんとうまくやってる?」と軽口を叩いたことが発覚。社会派ジャーナリストを目指す蓮舫氏が「オレもその仲間なので、仲良くしておこうと思ったのでは?」。その後、蓮舫氏はテレビ朝日のニュース番組へ移った。

 事業仕分けでもてはやされた蓮舫氏だが「いやな女、悪相になったと思った人は潜在的に多いはず。そもそも女優でもアイドルでもない、すきまタレント。政治が今、本職で落ち目の人の敗者復活戦になっている。その象徴で起用は浅はか」亀和田氏はため息をついた。

 恨まれてんなw

 それはそうと、鶴和田ジャーナルはまだやっているのでしょうか?
 嗚呼、アナルは負けず嫌い。
 正確にはアヌス...
ラベル:蓮舫 村田蓮舫
posted by ソフィスト at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 蓮舫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。